Mavenリポジトリを通じて配布する
プラグインは通常の成果物と同様、deployフェーズやmaven-release-pluginでリモートリポジトリにデプロイできます。 ユーザに使ってもらうバージョンはSNAPSHOTバージョンではなく安定バージョンにするよう心がけましょう。

配布したプラグインを利用する

pom.xmlに利用するプラグインを記載することで、Mavenが自動的にプラグインをダウンロードして利用するようになります。 プラグインがプライベートリポジトリにある場合、<pluginRepositories>要素をpom.xmlの<build>直下に追加して利用するリポジトリを明示する必要があります。
1
<pluginRepositories>
2
<pluginRepository>
3
<id>private-repository</id>
4
<name>Private Repository</name>
5
<url>http://repository.skypencil.jp/</url>
6
</pluginRepository>
7
</pluginRepositories>
Copied!

参考になるプラグイン

この書籍のGitHubリポジトリで配布しているsample-maven-pluginは規模も大きくなく、簡単に読むことができます。実装の参考としてください。